海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 
留学は楽し?!
バックナンバーはこちら >>
 Vol.7  Dear My Sister! 2001.1.17 update 
 時は5月、私に妹ができた。 決して本物の妹ではない。彼女は南国タイからやって来た。目がくりくりとして、凛とした顔立ち。気強そうだ。(本当に強かった。)学校との契約とはいいかげんなもので、1人部屋希望だった私は、相部屋にされてしまった。 彼女の名前はナット、私のルームメイトである。

 あっという間に、彼女は自分の居場所を確保してしまい、もとの住人である私の方が、なんだか仮の住まいにいるような気分である。部屋も同じ、学校も同じ、クラスも同じなんて、日がな1日彼女と一緒。彼女は午後のクラスもとっていたが、そんなのはほんの3時間、学校から帰ると、「ケ〜イ」、と。なんだか気にいられてしまったらしい。旦那より過ごす時間が長いのだし、まあしょうがないか。女(の子?)同士、買い物に一緒にいったり、近所の市民プールに泳ぎにいったり、映画に行ったりと、なんだか高校生ぐらいに戻った気分である。
 さてさて私の時間はこの3時間だけで、予習復習宿題をここでやらなければ彼女に邪魔されてしまうのである。もともと人前でがつがつ勉強するのは好きではない。私はこつこつ1人で勉強するタイプの人間だが、ナットの前でそれをすることができないのである。へんなところで見栄っ張りである。ナットと一緒にいたときが、一番勉強しなかったときかもしれない。(別に彼女のせいにするつもりはないのだが・・・)

 私が.いつも思うことは、他国の英語教育の水準の高さである。ナットは自国のことをよく私に話してくれたが、その語彙がまた豊富だった。なんと、英語で歴史や数学の授業を受けていたというのだ。そりゃかなわない。私の場合、日本語で説明せよ言われても、日本の政治のことなんてうまく語れないのに。
 ごめんなさい。ちらっとだけ、彼女がまだ学校にいるときに、彼女の参考書を家で見てしまった。やはり、英語で説明が書かれていた。英語の説明を日本語でうけている私とは、大違い。この差は大きい!ふ〜。ここでまた落ち込む私なのであった。

 とってもシッカリしている彼女が、それでも可愛かったのが、タイという国が、まだまだ異性とのつきあいにとても厳しい国だったようで、私に何で結婚したのかとか、デートの話とか、興味津津で聞いてくるのだ。まだ恋を夢見る少女のようである。なんせ、男性と手をつないで歩くのもいけないというようなことを言っていたので・・・。彼女はこの時22歳ぐらいである。
 それでも彼女は、タイでは高校生から1人マンション暮らしで、ケーブルテレビがあり、マンションの地下にはプールがあるという。お姉さんの結婚式にはゲストが600人(それも自宅で行ったというからびっくり)、犬が16匹もおり、宝くじで車があたり、車は間に合っているから寄付をした。というような正体不明の超お嬢様なのである。1度タイに遊びに行きたいものである。

 彼女とは対照的に、親元を離れたことがなかった私が、義理の母と妹が遊びに来て帰ってしまった時に大泣きし、電車の中で困りながらも彼女はやさしく慰めてくれものだ。 私は、彼女のことを妹と思っていたが、ナットからしたら私の方が妹みたいだったかもしれない。今は彼女は結婚し、私より先に子供まで生んでしまった。なんと言うことだ。何も彼女に勝てるものがないなんて。
それでも私達は今でも、Dear My Sisterなどという書き出しで、メールの交換をしている仲良しなのである。


団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| エステ・バリ式| ホームページ製作・SEO対策|