海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 
留学は楽し?!
バックナンバーはこちら >>
 Vol.3  いざ、学校へ・・・ 2000.9.3 update 
 いよいよスクール初日。学校までは、3日間だけ私のルームメイトになったイザベルが 案内してくれることになった。17歳???彼女はものすごい美人で、セクシーで、英語も 上級。20代後半の私は、チビでガキっぽく、英語も×××のため、なんだか気遅れしてし まった。ふんっ。私だって…(何なんだ?)

 まずは、クラス分けの試験を受けて、またも仲良く主人と一緒。嫌だから別のクラスに してくれと頼んだが、この時期そんなにたくさんのクラスが作れるほど、生徒の数がいな いのだそうだ。離れたいのに離れられない。これは私達の運命らしい。

 まずは全員の自己紹介。う〜ん、国籍が豊か過ぎて覚えられない。中近東の人の名前は 特に難しい。何を言われてもトンチンカンで、答える私もトンチンカン。お互い、ん?と いう感じである。 フランス人のベロニークは、フランス語訛りが強すぎて、親切に色々教えてくれるのだ けれど、さっぱり伝わってこない。 スペイン人のダニエルは、明るく茶目っ気があり、英語も、私達のクラスではもったい ないでしょうというくらい上手だった。 イラン人のカップルは、人の話はぜんぜん聞かないで、暴走しまくっていた。 日本人は…無言でうなずくばかり。(怖い人種だ) 先生は言った。「君達は、英語を勉強に来ているのでしょう。英語が正しくしゃべれる のだったら、ここにはいないわけでしょう。ここにいるなら間違ってもいいからしゃべり なさい。」とな。

 ごもっともである。だけれどこれが一番難しいのだ。 おまけに、中学・高校で習った、まる覚えの英語の文法が邪魔をする。正しい答えは選 べるのだ。だけれど、なぜそうなのか理由がわからない。 この時はこれを使うって習ったもの。で、何で? おっそろしい、日本の英語教育よ。私は何を勉強してきたのだろう。 こうして、1から文法もたたきこまれることになる。

 1日目は終わった。たったの午前中3時間なのに、ものすごい疲労感である。まず、私 達に必要なのは、口を開く勇気である。恥を恐れてはいけない。英語は私達の母国語では ないのだから・・・でもこの状態はしばらく続くのであるが・・・。
は〜。道のりは険しく長いのであった。


団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| エステ・バリ式| ホームページ製作・SEO対策|