海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 

Travel story of Cuba
2001年8月18日〜27日、夫婦で念願のキューバへ行ってきました。
『地球の歩き方〜カリブ海2』と、樋口聡さんの『キューバ大情報』で予習をし、その他はネットで情報収集。パスポートを更新し、ツーリストカード(簡易ビザ)も取得。ホテルもエアも予約完了。留守宅を守る2匹の猫を世話してくれるシッターさんも無事確保!というわけで、17日の夜にはすべての準備を終え、出発の朝を迎えたのでした。 なにはともあれ、初めてのキューバ旅行。右も左も分からず、ほとんど「おのぼりさん状態」でしたが、思いっきり楽しんできたので、その全貌をお話ししたいと思います。
back back
バックナンバーはこちら >>
Vol.2 これがキューバのホテルだ 2002.2.25 update 
〜五つ星とはいえキューバのホテルは質素です〜

はじめてのキューバ。どのホテルに泊まればいいか判断のつかなかった私たちは、五つ星なら大丈夫だろうということで、ガイドブックに紹介されているホテルの中から、前半はハバナにある「ナシオナル デ クーバ」に、後半はバラデロの「メリア ラス アメリカス」に宿をとりました。それ以外のキューバのホテルを知らないので何ともいえませんが、居心地は良かったです。はい。

五つ星とはいえ、「ナシオナル デ クーバ」の部屋はいたってシンプル。ベッドとテーブル、小さな冷蔵庫とTVくらいしかありません。アメニティグッズもシャンプーや石けんぐらい。ティッシュ、歯ブラシ、綿棒等はありません。貴重品を入れるセーフティボックスも扉が閉まらないし。到着早々、さっそく修理してもらいましたが。 またバラデロのホテルでは、これまた到着早々、窓側の床が(たぶん雨漏りで)びっちゃり。電話で「人をよこしてください」と数回お願いしてみたものの、つたない英語のせいかその気がないのか、誰も来てはくれませんでした・・・。

空港に降り立ったときから感じたことですが、キューバには時計が少ない。だからいつも時間が分からない。今回、だんなが時計を忘れてしまったため、私の古く小さな手巻き時計1個で乗り切る羽目になってしまい、かなり不便な思いをしました。ホテルのフロントにはかろうじてあるものの、客室に時計というものはありません。レストランやバーでもほとんど見かけません。みなさん、時計は忘れずに持って行きましょう。

団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| エステ・バリ式|