海外旅行・国内旅行情報 旅たびNETについて旅行記募集旅行会社の方へ
旅たびNET
 
南仏アンティーブよりコンニチワ!
2001.1.17 update 
 私は10月から南仏のアンティーブという街に住んでいます。日本の皆さんはアンティーブという街の名前をご存知でしょうか?ピカソが大好きな人ならばきっとご存知でしょう。アンティーブはニース空港から車で20分くらいの所にあります。最初の私のフランス紹介では、身近なところでアンティーブの紹介をしようと思います。  アンティーブの見所はやはりピカソ美術館。1946年にピカソがアトリエにしていた城がそのまま美術館になっています。美術館のテラスから眺める地中海は絶景ですよ。
 また、メルヘンチックなかわいらしい絵が好きな人にはペイネ美術館がお勧めです。ペイネも1950年からここに住み、たくさんの作品を残しています。

 っと、ここまでは旅行ガイドにも載っている情報ですね。ここからは私がよく行くカフェやパン屋の紹介をします。私の一番のお気に入りのカフェはギュイヌメル広場(Place Guynemer)にある「Le Pimm’s」というカフェです。何が好きかというとギャルソンが感じがいい。カフェを飲んで寛ぐのもいいけれど、もしお昼時に訪れたらパニーニを食べてみてください。ここはイタリアじゃないよ。との意見もあることでしょうが、パニーニ、是非試してみてください。パニーニを注文すると、ギャルソンがパニーニのメニューを持ってきてくれます。あとは自分で好きな具のパニーニを注文してくださいね。

 ちょっとお財布が寂しい、または時間がないときは、このカフェの2軒隣にあるパン屋「???」でショコラ(クロワッサン生地の中にチョコレートが入っているパン)やパルミエ(大きなハート型のパイ)を買って、カフェに入ろう。カフェを頼んで、買ってきたパンを食べればいいのです。遠慮しないで堂々と袋をガサガサさせて食べてください。
 腹ごしらえをしたら、美術館を訪れるのもよし。海を眺めて過ごすのもよし。路地を歩いてみるのも楽しいです。月曜日以外の午前中はピカソ美術館の近くで市場が立ちます。そこでアンティーブみやげでも捜してみたらどうでしょうか?


団体旅行(社員旅行・サークル旅行・研修旅行・グループ旅行など)のご相談は、旅たびNETまでどうぞ。
LOHAS ロハス | レンタルサロン| 写真教室| エステ・バリ式|